学校へ行き学ぶ | 新卒や転職での仕事探しはインターネットを活用しよう
デスク

学校へ行き学ぶ

編集への転職を行いたいと考えている場合、専門学校等でDTPの知識を学ぶという方法もあります。
まず、編集の現場ではDTPソフトと呼ばれるグラフィックデザインのソフトを駆使して仕事を行うことが多いです。
実際にソフトの使い方を専門学校等で修得することにより、大きく編集への転職の道が広がります。
また、学校で勉強して学ぶことにより、編集ではどのようなことが必要になるのか概要を掴むことができます。
転職を行う前に、一度知識を身につけることにより、大きくこの先に影響をすることができます。
学校で学ぶことは、主にエディトリアルデザインや、DTPデザイナーとして働くためのスキルになります。
DTPを学ぶ際には、編集者としての学科が備えられている所もありますが、主にソフトの使い方がメインになることがあります。
学校には、仕事をしながら知識を付けられる所もあります。
自分の生活スタイルや、見つけたい知識によって学校を選んでいくことが大切です。

編集の業界に転職するに辺り、未経験の人の場合、最初は編集しているスタッフの補助的な仕事を行うことが多いです。
また、職場によっては経験の有無に関わらず、最初は補助的なところからスタートすることもあります。
コピーの補助や電話対応、編集を行っている人の指示に従ってDTPソフトを使って補修をかける等の仕事が多いです。
そのような下積みを繰り返す内に、自分でページの企画をやってみないかと声をかけられることが多いです。
就職先や転職先で、走り回って仕事を覚えることが多く、経験を積んだ痕に企画や担当を徐々に任せられるようになるので、多くのやり甲斐を感じる仕事になります。