有利な知識やスキル | 新卒や転職での仕事探しはインターネットを活用しよう
デスク

有利な知識やスキル

編集者への転職を行う場合、校正の技術がある人が有利に働くことがあります。
校正は、編集にとって欠かせない工程です。
出版物に間違いがないか、誤字脱字のチェックや内容の正確さをチェックしていきます。
また、チェックして校正を終わった後に、自分でデータの修正を行うこともあります。
データの修正は主にDTPソフトと呼ばれるものを使用して行うことが多いです。
DTPソフトの基本的な操作ができていると、非常にチェックや修正がやりやすくなります。

編集の作業には、カメラの知識があると有利に働くことがあります。
特に画像を多用するような紙面を作成する場合に、カメラの撮影に同行し、チェックを行うこともあります。
紙面によっては、カメラマンからの転職も多いことが特徴です。
実際にインタビューして取材を行うことや、カメラを使って編集者自らが撮影することも多々有ります。
カメラを趣味にしている人や、カメラ撮影の知識がある場合、転職に有利です。
編集でも、全体の進行を見ていくのではなく、直接現場と関わってインタビューや誌面構成を行いたいと考えている場合、カメラの知識を見付けることで役に立つ事があります。
画像は紙面でも電子書籍でも重要な役割を持っています。
読み手を惹きつけるのに、とても有効なので、良い写真を撮ることや、カメラマンとのスムーズな意思疎通を行うことでよい紙面を作ることが出来ます。
カメラについての知識があることや、画像補正の知識があることで、転職に大いに有利になります。